F1スピード野球小僧 野球のバッティング、一番の基本はスィング。いかにバットを振るのか?
トップページへ戻る
コンテンツ
スウィングと種類
フォームの基礎
スタンス(立ち方)
バントの種類
セーフィティ・バント
犠牲バント
ドラッグバンド
バスター
プッシュ・バント
スクイズ
バッティング練習
トスバッティング
フリーバッティング
素振り
シートバッティング
球種によるバッティング
速球、落ちる球
カーブ・シュート系
状況によるバッティング
ランナーがいる
様々なケース
ヒット・エンド・ラン
バント・エンド・ラン
流し打ち
ファウルを打つ
掲示板
変化球の投げ方
スウィングの種類
打撃のスウィングには3種類あります。それぞれの特徴は?
レベル・スウィング
 最も基本的なスウィングです。ボールに対して水平にバットを振るスウィングです。ダウン・スウィングやアッパー・スウィングがボールとバットに対し点で捉えようとすることに対し基本的に線で捉えようとする考え方のスウィングです。バットを肩から振り出す時の意識として腰と水平に振るということを中心に考えます。体全体で振ることを心得て振ればうまく振りぬくことが出来ます。このスウィングの練習で最も重要なのはボールに対する視線の位置と打ち返す方向への感じ方です。あくまでも水平にボールを捉えるわけですから視線を前に置き投手に対しまっすぐライナーで返すような感じを掴むことだと思います。ボールを面で捉えるのではなく真芯で捉えることを重要視します。当然これは全ての基本です。あくまでもセンター方向にキチンと打ち返す練習をすることによってその感覚を掴みましょう。とにかく腰を使って腰のラインに沿って振る抜くことは重要です。
ダウン・スウィング
 ボールに対し上からたたきつける方向にバットを振るスウィングです。昔はこのスウィングが重宝された時期がありました。これには理由があり昔のジャイアンツがこのスウィングを実践していたということが原因なのです。第一にボールを叩きつけるということを重視し確実に塁間にゴロを打つということ。第二にボールの回転に対し縦方向の回転を与えることで遠くへ飛ばそうという考えがあったということ。これらがあります。ただしダウン・スウィングはある一定の決められた振りになりますのであまり応用が効くようなものではないのでお薦めできません。また落ちる球には当然弱くなりますので現代の野球では全くもって合理性に欠く打法といえます。しかしチームの中の役割というものがあります。ゴロを確実に考えた方向に打つことができるのであれば打順によっては使うことがあるスウィングです。しかしこの打法では限界があり応用が効くようなものではありませんので、やはりレベル・スウィングでキチンと振るということができるようになってからマスターすべきものということになります。ボールを地面にたたきつけることが重要な局面で使うという意識で学びとりましょう。
アッパー・スウィング
 まったく根本的に問題の残るスウィングでしょう。すくいあげる方向に振り上げるスウィングです。まあゴルフ・スウィングということです。この手のスウィングの人はとにかく遠くに打つ、強気に振るという人が多いようです。正直投手が揺さぶり方を工夫すれば簡単に打ち取られてしまいます。ただし低めの球をうまく外野に流し打つのには、このスウィングの応用ができれば簡単にマスターできますので全く無視するものではないでしょう。ただし基本的にこのスウィングは問題が多いですから、周りから注意された場合にはまず直すことをかんがえましょう。投手からすると最も打ち取りやすいスウィングです。