トップページ

変化球の投げ方


     第1回 ナックルの投げ方

 ナックルには三種類あります。何!とびっくりしないでいただきたい。昔まだ効き目があったころの管理人のナックルはもっとも有効性のあるオーソドックスな投げ方だったのです。全く効き目がなくなったころは別のナックルを投げようとしていたのです。(うーむ大失敗。)
ここで種あかししてどうするのか?とも思いますがナックルは魔球です。決まればそう簡単には打たれません。
みてろよボンゴ君の2号を大量生産してやる。

1 いわゆるナックル

 利き腕の中指と薬指の第1関節を曲げ指をボールにあて指でボールをはじくように投げます。(ちなみにひとさし指も曲げてもいいよ。この場合は三本指ではじく。)はじき方の強弱や指の力のいれかた次第でいくらでも変なゆれ方をします。速い球をなげるというよりもうまくはじくほうの意識が大切です。何しろほとんど回転しませんので空気抵抗によってその変な回転とあいまってどの様に変化するかは、ボールに聞くしかありません。もしくはジャイアンツの桑田投手のように球に話掛けるのも一つの手段でしょう(本気よ!)ちなみにきまりはじめると内野ゴロが増えます。なにしろ芯に当たりませんので。この辺はカットボールの効用と同じですね。ということはコントロール命ということとなります。ストレートで内角、外角を攻めボールになるシュート,カーブを混ぜナックルを真ん中あたりから内外角に落とす。という攻めが理想ですね。他の球が決まっているときはチェンジアップなどよりもはるかに効果的。ただし抜き系の球ですから間違って芯にあたるとウッズならブラジルまで飛ばすでしょう。


 2 タイガーナックル
 必ず三本指で投げます。これははじくのは指ではありません。はじくのは「つめ」です。いわゆるナックルが微妙な変化をするのに対しこれはもっと大きくブレながら落ちます。ちなみにあまり投げるとひじを壊します。(そりゃそうだ。ほとんど指でなげてますからね。)これが投げられればあなたも明日からナックラーだ。

3 ハイスピードナックル

 二本指を曲げてボールを持ち何も考えずに思い切りよくストレートを投げるつもりで軽くはじくナックル。私はこれで失敗しました。要するにストレートと変わらぬ感じで投げればもっと効果的と勘違いをするとやっちゃいます。ちなみに結論は単なる棒球です。ハンク・アーロンなら月に向かって大気圏越えは確実なぐらい飛んで行きます(笑)これちなみにコントロール不能ですので大変始末が悪いです。



トップページ

  変化球の投げ方