トップページ

変化球の投げ方

変化球の投げ方 フォークボール編

フォークといえば大魔神!帰って来たけど・・・・どうなのかなあ?

 フォークボール。古くは杉下茂さん、村山実さん。最近では、大魔神佐々木さん、野茂投手。切れ味があれば打たれない、大魔球。振らなきゃボールだ。ストレートの軌道からいきなり落ちる。打者の手元でストライクからボールになる球であれば確実にバットは空をきる。
当然、スピードはストレートより遅くなるが速球派であればそう簡単にはわからない。わかった頃には三振です。当然真ん中より下に落ちることが最も効果的であるのでワンバウンドになるぐらいがちょうどイイわけです。ということは鋭いフォークを投げる投手には好捕手が必要です。佐々木投手に谷繁捕手。ということです。

握り方、投げ方

人差し指と中指で縫い目に合わせて握ります。そしてそのとき親指はその真下のボールの下の部分にあて、握ります。上から抜くように投げます。(こりゃ難しい)スナップを効かせると変なカーブになったりします。しかしスッポ抜けのカーブではラミレスなら神宮からドジャースタジアムまで打ち込みます。ボールに回転を与えないようにスナップを効かせずに上からストレートとかわらない投げ方で投げます。・・・・・・・絶対にボールに回転を与えてはいけません。近い距離や、ゴムボールなどで指で挟みこみそのままスッポぬけながら投げる練習をしましょう。指に力をいれ回転させずに投げます。あまりやると腱鞘炎になりますから注意が必要です。(村山選手はこれで引退しました。

よく似た球にスプリットフィンガーファストボールなどがありますが日本ではほとんど使われません。
フォークより浅い握りでなげるのですが投げるときにボールを離すときに鋭く手首を振り下ろします。

ちなみに

 抜ける球ですから、全体に調子が悪いときストレートが走らないときには投げられません。これが高めからストライクになる球になり、切れも何も無ければ打ってくださいの練習ボールとなるから大変です。佐々木投手には簡単に変身できないのです。

トップページ