トップページ

変化球の投げ方


ムーヴィング・ファスト・ボールの投げ方


この変化球は要するに「動く速球」、速球が伸びる事が前提。
実は一番大変だが理屈は最も簡単。
速球を投げるための筋トレが欠かせない。1にも2にもトレーニング 


投げ方は

 基本的にストレートと同じです。握りを変える、手首のひねりや返しを少し工夫するという形になります。要するに直球が微妙に変化していくということです。という事は直球に威力が必要。いわゆるナチュラルに曲がるという事とは違います。この場合はあくまでもカーブ的に投げるとかシュート的に投げるとかの自分自身での工夫が重要ということになります。まずは球速をあげる事が重要。筋トレだ!

握りは

 とりあえず、人差し指と中指を揃えどちらかの指を縫い目に沿わせます。ボールノ中心カラぞれる側に力をいれて軽くひねる。かなり無茶がありますがボールにスピンをかけることが目的です。ということはかなり速い球が投げられることが前提になります。なぜならば速球イコール回転数が大きいということがあるからです。
 また縫い目から指をはずし(ゼロシーム)で投げる場合も変化するようです(パルプンテかい)とにかく速球にスピンをかけることが重要。

変化は

 ライトスピンであればスライダー的な変化。スピンが縦方向であれば沈む方向。スピンのかけ方次第です。

効果は

 速球の速度次第です。当然タイミングあわせることが難しい状況であれば当然空振りが取れる球でしょう。
速度なければ内野ゴロガ増えるでしょう(当たりそこないがふえます)