トップページ

変化球の投げ方

変化球の投げ方 ツーシーム編

ツーシーム、シームと何でしょうか?シームとは縫い目のことです。ツーシームとは
縫い目ふたつに指をかけることです。(ストレートはフォーシームです)

 ツーシーム、日本人選手がメジャー進出をしメジャーの情報が毎日のように新聞やテレビなどで気軽に目に入るようになり日本では一般的ではなかった球の情報が入るようになってきました。(昔、20年以上前フジテレビが深夜やっていましたが、いまいちなじめずに放送も終わってしまいました。その頃は日本人がメジャーでなんか通用するわけがないというのが一般的な認識でした。)特に雄弁に野球を語ってくれる長谷川投手がいろいろとテレビで説明をしてくれました。そのなかででてきたのがツーシームです。おそらく表ではあまり語られていなかっただけで現役選手は他のボールとして投げていたのでしょう。
きれいに回転しないストレートというのがこの球のコンセプトです。いわゆるくせ球がこれにあたっているのでしょう。
球質は重く(回転が減るためです)沈み込むように落ちます。三振をとる球ではなくゴロを打たせる球です。

握り方、投げ方

人差し指と中指を縫い目に沿わせて握ります。他の指は縫い目には一切かけません。そのためしっかりとした力が球に加わりませんから球の回転が悪くなります。投げ方はストレートと一緒です。あくまでも握りを変えることによって回転を変えることが目的です。

ちなみに

 あくまでもストレートですから、本来のストレートがしっかり走っていないことには見られるだけです。この球はいわゆる変化
させることは目的にはしていません。変化させるのではなく変化してしますというのが本当のところです。しっかりと腕が振れていないときには単なる伸びを欠く棒球でしょう。また変化は沈む傾向が多いですが細かい変化は付きません。というよりもつけられません。コントロール重視、カウント重視のチームでは投げられません。日本と米国の野球観の違いがもっともある球です。メジャー開幕戦で感じたのは、アレだけ速い球を投げられるメジャーの投手がむしろ日本の投手以上に変化球を投げ
いろいろ細かな工夫をしているということです。人それぞれにあったフォームでそれぞれが投げやすい球を投げているという感じです。野球を楽しめる環境で試しましょう。

トップページ