トップページ

変化球の投げ方


パームボールの投げ方

日本ではあまり流行しない変化球の代表格パームボール。間違ってもストライクゾーンには投げてはいけない。

握り

 ボールを握る時は普通、指で握る感覚だと思います。ところがパームボールは違います。手の平で握る感覚になります。ボール全体から見てみると握る面の下の部分を手の平で包み込みます。このとき指は親指と小指で握るというか支えるような感じで持ちます。ちょっと変わった手の使い方になります。最初はすっぽぬけるか、地面にたたきつけるような感じだとは思います。練習しか解決方法はありません。近い距離で壁あてなどで練習しましょう。

投げ方          

 手首は通常と違いやわらかく使ってはいけません。手首は硬くしたままそのまま投げます。手のひらと親指と小指にだけ力をいれバッティングマシンにでもなったつもりで投げます。とにかく近い距離ですっぽ抜けなくなるまで練習します。しっくりと手の平が働き始めたらOKです。
 だからといってストライクになるパームは回転のない力の無い球です。高めには投げるべき球ではありません。ストライクゾーンから手元で低めのボールになる球道を思い描きながら投げましょう。一種のチェンジアップ的要素のあるひとつの球種と考えて投げるのもよいかもしれません。
 くれぐれも高めからストライクになる球はダメです。小柄な赤星選手ですら場外にもっていきかねません。