トップページ

変化球の投げ方


あれタイミングが....チェンジアップの投げ方

タイミング捉えた方思うと前のめり。今をときめくボール

握りは?

 OKボールと言ったりするように縫い目の無い面を人差し指と親指でOKサインの円を作り小指でその逆の面を支えます。中指と薬指は縫い目に沿って添えるだけ。力が入りませんし、そのうえ回転もあまりかかりませんので思いっきり遅く球が打者に届きます。ストレートと全く同じように投げるのが一番のポイントになります。

 効果は?

 思いっきりストレートのつもりで打者が振ってきます。当然タイミングが合いません。ということはカウントを稼ぐにはもってこいという球になります。ただしわかりやすく投げればその辺の親父でも外野の頭を越します。

変化の仕方は

 人によって変わります。なぜかといいますと最初に説明があるように力が入りません。変化を意識的に与えることはかなり高度な投手でも無理みたいです。ただしフォームがしっかり固まっている場合その変化に一定の変化の方向性はあるみたいです。ということは練習しないで投げて相手が遅い球待ちだったりすると簡単に打たれます。

使い方は

 とにかく錯覚のボールですから適度にボールになるところを狙って投げるのがポイントでしょう。外角に何気にあやしい球。内角に何気に相当怪しい球。どちらにしても低めを狙い少々低めのボールが最も良いかと思います。

鍛錬のポイントは直球を磨くこと。そしてその直球と同じフォーム、腕の振りで投げること。とにかくこれが重要。