トップページ

変化球の投げ方

 必殺 カット・ボール


今、日本一のカットボール使いといえば中日ドラゴンズの川上憲伸投手ですね。川上投手が説明してくれると一番ですが・・・・・
なかなかそんなことはしないでしょう。代わりにわたしが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・生意気です。・・・・


握りは

まっすぐの握りから少し動かすだけでOKです。ストレートはひとさし指と中指は少し離し縫い目を横から押さえ込むように握ります。そこからひとさし指と中指をくっつけて少し右側に(外側に)ぞらします。少し中心よりぞれたところをしっかり指で押さえ込むという握りになります。ちなみに基本的な部分はストレートとまったく一緒。投げ方もいっしょ。握り方が違うストレートという感じが重要です。

リリースポイントは

ストレートよりも少し遅らせて投げます。ボール半分から1個分(とても微妙ですね)ぎりぎり持てばよいということです。ちなみにまっすぐを投げるつもりで離してください。押さえているところがちがうのでボールに外側からの力がかかり自然と手元で曲がるようになります。

効能と最も重要なポイント

 打者の手元で微妙に曲がります。そう打者が芯で捕らえたつもりが芯ではないところに当たってしまうということです。これをやられると決め打ちの打者は特にダメでしょう。逆に言うとストレートがしっかり投げられる状態でなければ意味なしということになります。調子がわるければ微妙なコントロールなし男君になります。重要なのはストレートをきちんと投げること。最も基本的な練習が一番重要ということです。練習ではカットボールとストレートを交互にしっかりとなげ同じ投げ方同じ感覚で球種が変わるということを体感できるようにすることが重要です。元マリナーズの長谷川投手も同じ事をテレビでしゃべっていいた覚えがあります。まずは僧帽筋を鍛えることからはじめましょう。この筋肉を鍛えると確実に遠投能力が強化され球も速くなります。いい球が投げられるようになればカットボールも生きるということです