変化球の投げ方
トップページ


   シンカーの投げ方  


   基本的には、アンダースローやサイドスローのピッチャーの為にある球落ちますこの球も。
   高津投手の得意球(メジャーではチェンジアップ扱いみたいだ)。前中日監督の山田投手の全盛期
          王も長嶋も打てなかった鋭い変化球。アンダースロー投手が皆無の今、次に投げるのは誰か?    

  握りは?
     

人差し指と中指は縫い目にかけないで、ほんの少し間を空けて握ります。逆にボールの下を支える親指と、薬指は軽く縫い目にかけるというか、親指は縫い目を押さえるように持ち、その対極にある残りの指である薬指は曲げている状態で縫い目に当たるように握ります。昔ドカベンという水島新司さんの漫画で里中投手が復活した折に投げたサトルボールは要するにシンカーだったような気がします。その頃ためしにアンダースローのフォームで漫画どおり投げたら本当に見事に落ちます。草野球でこの球を完全に投げられたら(レベルにもよりますが)打たれないでしょう。


投げ方は?

手首をひねりながら投げます。シュート回転を与えるためにカーブ投げるのと逆にひねります。ただし腕の振りはストレートと一緒です。ボールのリリースはシュートと同じ感じです。中指と薬指の間から抜くように投げます。バッターの手元で落ちることを目標に投げましょう。ちなみに左投手が投げるとスクリューボールと呼び名が変わります。ただしヒジや肩の関節が柔らかくないとものすごい負担があります。
ストレッチ等しっかりやってから投げましょう。


使い方

一番重要なのはこの球に対応する逆方向に曲がる球を持っているかどうかと言うことです。速度は明らかにシュートよりも落ちますのでミートがうまいバッターは当てることが出来ると思います。と言うことはあくまでも内外角にうまく散らすことが重要になってくると思います。西武ライオンズの潮崎投手のシンカーが有効だったのはもともと速い球を持っている上、狙い球を絞らせない球種と攻めが大胆だったことがあると思います。とにかく外に内にきちんと決まる球を持ち、コントロールをしっかりつけるという基本がある場合この球は有効です。ただこの球は浮かんで落ちるという球ですから三振をとる目的でも投げることが可能です。先に書いた山田投手はアンダースローの速球投手!ということもあり全盛期はとにかく日本シリーズではセ・リーグの打者を手玉に取っていました。ここぞと言う場合の決め球もしくは打者に配球を読ませない為には有効に使えます。

 

変化球の投げ方  トップページ