F1スピード野球小僧 トップページ

横浜ベイスターズ栄光(そんなものあったかな)の歴史

横浜ベイスターズが好き(物好き)
牛島監督の絵馬は 


野村選手引退試合(写真大)黒い服を着ているのが佐々木(ホームベース付近)その隣に野村選手 (写真小)吉村選手、村田選手(中央)

当サイト管理人は横浜ベイスターズの熱狂的というか延々と何故かファンを続けています。別に横浜生まれでも川崎生まれでもない私がなぜ?それは小学校3年生の頃近所のお兄さん達と遊んでいたときに野球をやり始め、そのときに私と同じ姓の選手はいないか探したらいました、当時大洋ホエールズに!このおかげで今に至る約31年間ファンであることが続いています。2004年最終戦で最下位転落という普通ではなかなかできない技を出し終了。山下監督とは当然契約更新せず。(当たり前だ!)牛島監督登場。すでに秋季キャンプで若手投手指導でかなりの刺激を与えているようだ。普通にやれば最悪4位はいけるチーム力が現在の私の評価。しかしレフトを除けば守備面は固く控え層が厚くチーム内競争が激しくなる状況に加え、投手陣も整備しなおされる状況にあるため、監督の手腕次第では優勝争いにからむどころか本気で優勝が狙える状況だ。頑張れベイスターズ
来年は優勝だ!

12月31日
今年もいろいろありましたが、なんだかんだで野球で争える程度だから日本は平和でした。
この一人のおっさんの人生を楽しませてくれているベイスターズに感謝!
来年は優勝争いをして欲しい。来年に大きく期待したい

12月13日
斉藤隆契約更改
複数年とは言え・・・・・・2億4000万円かい・・・・・・・・うーむ

12月4日
那須野投手も正式契約しコーチ陣の指導次第ではいける感じが出てきた。ウッズが抜けた穴は実際はさほど大きくはない。
問題はむしろ多村、内川辺りが本来の姿での打撃ができるか否かにかかっている。
守備と連打のチーム。98年優勝の頃を思い出させてくれる。
現在の状況でのレギュラー予想と控え
1番石井(遊撃)
2番内川(二塁)
3番多村(中堅)
4番ウィット(左翼)
5番佐伯(一塁)
6番金城(右翼)
7番種田(三塁)
8番相川(捕手)
控え組
1軍残留見込み 捕手 鶴岡、小田嶋
           内野手 村田、万永、吉村、野中
           外野手 古木、鈴木尚、河野、小池(脅威の代打陣だ)
こんな感じだろうか・・・・・・・・・・・・・
石井の後釜がなかなか育たないのが難点。スーパーサブ万永も年齢高い、北川、福本、木村この3人のうち一人でも定着すればよいのだが、野中、吉村辺りは監督の好みによっては来年は出番はないかもしれない。(守備と打撃のバランスが問題)
外野の層の厚さは凄い12球団で一番かもしれない。
投手は後日考えてみよう

11月26日
新外国人獲得発表
ケビン・ウィット選手・・・3Aでは超一流。メジャーでは・・・マイナー通算233本塁打、メジャーでは13本塁打。まあ大丈夫でしょう。
マーク・クルーン投手・・速度は出るらしい・150〜155kmらしい。四球は788回1/3に対し476個(マイナー)
悪夢ガよみがえるか・・・・・・ホワイトサイドの悪夢が・・・・・・・・ノーコンの匂いがプンプン。
どうなることやら

11月23日
ファン感謝デーに行ってきました。遅れていったので最後の方になってしまいました。
それでもキャッチボール会場には佐々木、吉川、川村投手らがいました。近くで佐々木投手がいる!!
写真撮影会場には、多村選手、種田選手、吉見選手、河野選手、小田島選手らがいました。
メーンのインタビューは金城、相川、村田、古木選手らがいました。
佐々木選手はいきなり即席のサイン会をやってくれたりもしました。いたるところで気軽に選手がサインに応じている感じです。
斉藤隆投手は退場時に「千葉もいるよ、飯田もいるよ」と若手投手を宣伝していました。
来年こそは最下位を脱出してくれるでしょう。
ガンバレ!ベイスターズ

佐々木投手川村投手       金城、相川、村田、古木選手    種田選手            最後のイベント

11月22日
明日はファン感謝デー


11月17日
ドラフト指名確定、自由枠 那須野(日大)、染田(同志社大)両投手
4位藤田(近畿大)内野手以下、岸本(近畿大)投手、石川(横浜高)内野手、橋本(大体大浪商)投手、桑原(日本大)外野手
松家(東京大)投手、斉藤(三菱自動車)捕手
何人が一軍に出てくるか楽しみです。必死にキャンプで練習して這い上がってきて欲しい。

11月13日
一場問題関与者(峰岸社長、山中専務、松岡スカウト・・・あれ?やめたはずでは・・・・・)
ドラフト会議出席欠席を求められる・・・・・・・当たり前だ

11月12日
猛練習中

11月3日
中村捕手が3年契約終了に伴い楽天へ移籍の模様。
新天地でも頑張ってください、中村さん
3年間ありがとう。もし中村捕手がいなかったら昨年は115敗ぐらいしただろう・・・


11月1日
ウッズ退団確定。同志社大学染田投手獲得
そのなかで昔のドラフト1位河原投手戦力外通告
ドラフトの順位が全てではないことの証明になってしまった。
とは言え調子がよいときに塁に誰も出ていなければよいピッチングをしていましたね。
結局、プロ野球の選手の資質で最も大事なものはやはり何事にも同じない心なのでしょう。


10月30日
ファン感謝デーは11月23日開催決定(小雨決行)。今年もいくぞ
佐伯、種田両選手はFA宣言しないようだ。来年も一緒に横浜に残って欲しい。
しかし佐伯選手の要求(賃下げにおうじてもいいから、入場料下げろ要求。本当にプロの鑑)は通るのだろうか?
収容人員が少ないからいくらか高いのは仕方がないけれど、ガラガラの内野席は少しでも埋めた方がいいのは本当。
しかし一場問題は困ったものです。
真実が言われている内容のものとは思えないのですが・・・・・・・・・
正直20万円で指名に応じろということはないような気がする。
裏金かな・・・・・・・・・・・・・・本当のことは絶対に言えないのだろう。だから松岡スカウトは残留なのかもしれない。
正直今主力の選手が全員ドラフト上位指名選手ならばこのようなことが起こることはわかるが
けっしてアマチュア時代の評価がプロでの活躍に繋がるわけではない。堂々としましょう横浜球団。
ファーム組織の強化をもっと進め自力で選手を育てよう。そのほうがファンが地道に増えていくと思うのだが・・・・

10月16日パート2
最下位だ!・・・・・・・何と最早、劇的としか言いようがない。所要の為ひさびさに最終戦見られなかった。
見ない方がよかったのかもしれない。監督に対してどのぐらい怒号がとんだのだろうか?
ファン感謝デーが楽しみです。今年は早くいって全部のイベントに参加したい。

10月16日
横浜の新首脳陣が発表になっている。
目玉は大幅な若返り。若い選手が増えてきているだけに相性がよければ一気にブレイクするかもしれない。
その上、那須野、一場獲得の模様。育てられればの話にはなるが・・・・・・・
一気に投手陣も入れ替えかもしれない。若田部あたりはどうなるのであろうか、再生か?放出か?
来年は少しは明るい見通しが出てきたのかなあ?
球団にお願いしたいのは過度にFA宣言した選手には残留要請をしない事です。
来るもの拒まず、去るもの追わず。若手を育てましょう。そのほうがチームカラーに合うでしょう。
常勝チームより常に真剣味あふれるハツラツとしたしまった試合を見せて欲しい。そのうえで優勝を狙う。
球場に行くのは現場の試合が楽しいからです。心に響く野球をして欲しいです。

10月14日
吉見今頃になって・・・・・・・9回2死までノーヒットノーラン・・・・・・・そんなコトしなくていいからコンスタントに勝ってくれ

10月13日
やっと勝った。
若手を少々使ってみたようだ。
しかし今頃・・・・・・・・・・・・・・・
もうこの時期客も来ないし、踏んだりけったりベイスターズ。
日本シリーズの裏で試合やるなんてなかなか凄い・・・・・

10月11日
ボロ負けですか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
解任監督がまだ指揮とっているのかなあ?
球団も球団だけれども、山下氏の人格を疑いたくなる。どこかで責任を取るべきなのだが
本来的な意味での責任はお取りにならないらしい。完全にいかれてる。おかしいこの人は。
このままでは最下位のまま終える事が見えてきてしまったいるのだから
首脳陣は総解任で2軍のスタッフでやった方がいい。
大幅な体質改善が必要だ。大トレードの敢行を望む。

9月30日
またしてもベイスターズ快勝!!!
負けた日を見なければいつでも最高さ!

9月23日
横浜が本当に強い!!
とられてもとられても、取り返す。
今日思いました。このチームのファンでよかった!!

9月22日
横浜がここに来てまた強い。
打線が安定したことと外野の競争の激しさが打線に厚みを生んでいる
来年は期待できるぞ。ガンバレ!!ベイスターズ

9月19日
ストライキです。球いく事ができる日時が限られる人にはがっがりの事態だ。
とはいえこのままでは某球団のオーナーを喜ばせるだけだから
私はストライキを支持します。
ファンサービスのためサイン会を開いたそうです。行きたかったな。

9月17日
神宮で試合観戦
試合テンポよく2時間40分で終了。土居の一人相撲で試合ぶちこわし。ウッズ頑張るもつながらない打線では・・・・
継投策の順番がおかしい。しかし若田部が敗戦処理とは・・・・・・
作戦には全く工夫なく首脳陣にヤル気が感じられない。競争意識を持たせられないなら全員即退陣が筋。
後任監督人事が漏れている状況では今の監督に采配させる意味がない。
しかし一部ファンの野次がひどい。本当にあいつら野球が好きなのか?

9月16日
山下監督解任。
本来ならば昨年の段階でその必要があったはずなのだが。後任はだれなのだろうか。
内部昇格はなさそうだな。衣笠は勘弁して欲しい。暗黒時代に行きそうだ。
キャラクター的には原氏がよいのだが、まあ巨人の監督に復帰しそうだしなあ。
OBからは適任といえるような方は見当たらないしね。駒田はまだ時期尚早の感が強いしね。
理想は面白い野球を心がける人ですね。前向きな野球を見たい。

9月12日
昨日久々にスタジアムで試合を見ました。全体的には凡戦でした。ちょっとお疲れモードが入っていました。
しかしそんな雰囲気の中佐伯選手の熱いプレーが光っていました。彼は外野から走って帰ってきます。
佐伯選手がいつでも大人気なのはこのようなことが一番の要因だと思います。
ベイスターズの外野選手はファンとの距離が近いこともあるのか結構気持ちの熱さを感じます。
種田選手の渋い働き、ウッズの野球に対するひたむきな態度、そしてチームを盛り上げようとする
ベンチにいる古木も毎回選手を迎いにでたり、ノックの際には最後まで残り盛り上げに一役買っています。
球界の問題は地道な毎試合毎試合の積み重ねが重要だと思います。
いつでも時間さえあれば球場に向かいたくなるようなプレーがあれば入場者数は増えるでしょうし、
視聴率もあがるでしょう。改善すべき点はいろいろあるでしょう。ただ収入を増やしたいならば内容をよくして欲しい。
審判のリズム感のない遅いジャッジメント、不必要に長い投手の間合い(阪神の藤川はこの辺ひどかった)
攻守交替の際のだらだらした動き。全体的に試合をてきぱきとリズム感のある楽しいものにしようとする意思が薄すぎる。
数字だけを残す選手は応援しないでおこう。プレーに必死さを感じさせる、勝利に必死にこだわる、
ぎりぎりのプレーをいつも試みる、ファンの声援には必ず応えてくれる選手を応援しよう。
終盤戦、佐伯選手の頑張りやウッズ、種田、古木、多村、金城の各選手を応援しにできる限り球場に行こうと思います。
プロ選手の皆様はファンにこのような気持ちを持たせるプレーをたくさんやって欲しい。ほとんどの問題はこれで解決する。
後は経営者が野球を愛することを望みたい。

9月3日
セドリック12奪三振。佐伯、ウッズ揃い踏みアベック本塁打、木塚ナイスホールド。
門倉、いいときはよいですね・・・・・・・門倉は来季期待できると思う
先発の駒揃えば来季は優勝がありえるぞ。
来年を見据えた戦いを開始だ・・・・・・・・全員にチャンスをやってくれ
 
8月22日
昨日は見事な勝利。セドリックには幸運の女神が付いているのだろうか、彼が投げると勝てる気がする。

8月19日
8回に10点とられ負ける・・・・・・・・まあ、まあ・・・・・・・何といってよいのやら。

8月13日追加
渡辺オーナー辞任、幹部3人解任。
一気に野球がスポーツに戻った感じがする。大きくもめて今までの膿が全部でてしまってくれればと思います。
巨人ファンの人もひと安心という人は多いでしょう。いろいろな真実がこれから出て来るに違いない。
横浜ももしかするとそういう話が出てくるかもしれない。裏金とはルール違反だ。
ルールを守らないのはスポーツマンシップに反するのだ。
ルールを尊重しそしてルールをしっかり守り、戦う相手にはたとえどんな場合でも敬意を持つ。
これがスポーツでは大事なのではないかと私は思うし、自分がプレーするときはいつもその気持ちを忘れない。
プロ野球の選手も初心忘するべからず・・・・・・・・・野球ができるという幸せを感じてプレーして欲しい。

8月13日
佐々木現役続行表明・・・・・・来年は不明

8月12日
佐々木が現役引退を球団幹部に伝えた模様。
今年、登板を一度も見ていないのになあ・・・・・・・・・

8月11日
なんとウッズサヨナラ満塁ホームラン!さすがウッズ四番の責任を立派に果たしている。

8月8日
神宮で花火を見ていたとき横浜では佐々木が花火を打ち上げられていた・・・・・・がっちょーん。
登板間隔あけすぎたり連投させたり・・・・・・・だめだ首脳陣。
なんだかちぐはぐな感じ・・・・・・まだ3位を狙えるぞ!
とはいえ近年のベイスターズと違い、勝てる試合だったのにと言えるようになっている事を喜ぶのであった。
昨日田崎投手が移籍先のライオンズで移籍後初勝利・・・・・2リーグならではの事だ

7月8日
大敗!!!!!!
まあオールスター戦の最中しっかり体の手入れをしてください。
後半戦に期待しておこう。

7月7日
土肥投手1球で勝利投手!
こういう意義のあるトレードはなくなるのかも知れませんね、1リーグ化は

7月4日
合併騒動をまともに受けてしまった感じだ。
球団社長は選手の気持ちが分かっていないようね。
すっかり弱くなってしまった。

5月26日
超強いベイスターズとうとう対阪神開幕7連勝
なんだか夢のようだ

5月25日
吉見、琢朗のゲキを受け目をさます。3回以降見事なピッチング。
木塚、昔の躍動力を取り戻したかのような見事なピッチング
加藤、疲れも見せず見事なピッチング。
チームリーダー琢朗、佐伯、見事にチーム引っ張る。
忘れてはいけない種田のいぶし銀的隠れた大活躍。
今日はチーム全体の勝利だ。見事な試合をありがとうベイスターズ。

5月23日
ちょっと投手陣お疲れのようだ。
少しストップして若手をガンガン使ってくれ。
ウォーカーちょっと速度が足りない。

5月20日
雨、あわてない、あわてないひと休みひと休み。リリーフ陣の皆様軽くお休みください。
なんだか運があるぞベイスターズ。いけるぞ!

5月18日
内川3連発。種田のしぶとい打撃。琢朗の好守備。相川の好走塁。ウッズの迫力。そして多村の復活
投手陣は川村投手が光まくる。本当に凄い投手だ。ギャラードも復調し、木塚は大任を果たす。
内川ヒーローインタビュー
5月14日
しっかりと守る、しっかりと投げる、打撃はチームバッティングに徹するという基本的なことをやれば勝てるという試合ができた。
これが当たり前になってきていることが凄い。川村投手に2つめの勝ち星、佐々木11S。
そして待っていた尚典、しっかりと勝ち越し犠牲フライ。復活は近い!まだまだ首位を追えるぞベイスターズ。

5月12日
勝利の方程式確立。ギャラードの気持ちの切り替えに拍手したい。ありがとうギャラード。
そして完璧な中継ぎに徹する川村投手。この2人の男気、そして帰ってきた大魔神。
打線が疲労すると出てくる種田選手。いい仕事してます。
そしてスター古木見事に打ちまくる。多村が復帰し、尚典が復調すれば・・・・・・・・・いけるぞ。
また応援に行ってきます。たのむぞベイスターズ!!!

5月11日
残塁多し。消化不良の試合だったと監督コメント。そこを知恵と作戦でどうにかするのが監督の仕事ではないでしょうかと
問い詰めたくなる。監督は評論家であってはいけない。選手に疲れがある今こそ監督の意義が問われる。
しかし琢朗が場外ホームランを打つなんて・・・・・・・・・・・球、飛びすぎ
古木絶好調打率.361頑張れ勝てばヒーローだ

5月10日
横浜逆転勝ち。粘って勝ちを呼び込む。苦手ヤクルトに粘り勝ったのはとても大きい。
チーム全体の勝利だ。
まだまだいけるぞ ベイスターズ!!!!

5月9日
斉藤隆またやっちゃいました。今度は正真正銘めった打ち。しかし古木がセンターで5番か・・・・・打撃復活中
がんばれベイスターズ! あきらめるな!!

5月1日
強い強いベイスターズ。新外国人セドリック・バワーズ出場登録。ますます強固な体制になるのかなあ?
少し逆に心配になってきたけれど、データをみるとビジター。フランチャイズともに勝ち越している。ヤクルトに負け越しているが
どうやら本塁打の数にその秘密があるようだ。いかに効果的な長打を打つかがポイントだ。
優勝へは神宮での戦いが大きなポイントになるのであろう。
基本的には連打で勝つチームだが狭い神宮では一発のあるなしが勝負を分ける。

4月30日
阪神に開幕から5連勝
がんばれベイスターズ!!!

4月28日
阪神にやはり勝つ。その気になってくれ!!
いけるぞベイスターズ

4月27日
阪神戦、雨で中止。休んでください。

4月25日
大逆転勝利、内川2連発。黄金リレーで勝利呼び込む。川村完璧中継ぎで2勝目、デニー、ギャラードでつなぎ佐々木で締める。
しかしチャンスが来ると一気に連打で点を取る。投手リレーさえうまくいけば優勝すらありえる状態だ。
たのむぞベイスターズ。

4月24日
マレン様大活躍。タイムリーまで放つ。種田地道な努力が実を結ぶ先制2塁打。多村連日の本塁打。加藤初セーブ
いいことずくめのベイスターズ。
鈴木尚典ミニキャンプ突入。彼が復活したらスーパーマシンガン打線だ。

4月23日
おーっと隆君またやっちゃたね。5回までに限定する方がいいかもね。中継ぎが数がいるから使い方次第だと思うのだがどうだろう?

4月22日
逆転勝ち!やったね佐々木5セーブ。多村、金城が連日の本塁打。大活躍
 
多村満塁本塁打打った瞬間(4月21日東京ドーム)

4月21日
ウッズの東京ドーム激突推定160m弾生で見ました。これぞホームランといったあたりでした。多村の満塁弾もすばらしい。
しかし5回わけのわからない監督の抗議で三浦大輔間合い潰され降板。監督何もしなくていいよ!

4月17日
金城の守備のミスをチームで取り戻す。意味のある引き分けだ。琢朗の気迫、佐伯の全力プレーこれが最近チームにかけていたものだ。
負けてもいいということではないけれども、勝負以外の部分でプロの選手が我々ファンに見せなければならないものを見せてくれている。
まだまだいけるぞベイスターズ。

4月8日
昨日、横浜スタジアムで対阪神戦を見てきました。この強さは本物です。打線がしっかりしている。ベテランが調子を取り戻し
中堅が爆発。ローテーションが新外国人投手2人のおかげで確立。内川がしっかりと伸び全体に刺激を与えている。ベンチの中も
とてもいいムードでした。17-0これは阪神投手陣がかなり昨年の疲れ引きずっていることもありますが
それでも確実な打撃で球をとらえていました。本日も勝利。三浦大輔今シーズン初勝利。故障者が復帰しているのも大きい。
全員がそろえばいけるぞベイスターズ。
佐々木名球会入りおめでとう!!
 ヒーローインタビュー、マレンと相川
4月6日
佐々木今シーズン初セーブポイント。お帰り大魔神。シカシしっかりとした野球をしているじゃないか。
やれば出来るぞベイスターズ!!

4月4日
横浜、今シーズン初勝利。斉藤隆久しぶりの勝利。投手陣はなんだかうまく固まってきている。ウォーカーが結構いける。
今年4位以上いけそうかもしれない。ローテーションが固まってきているから余裕が出てくるかもしれない。
がんばれベイスターズ

3月30日
ヤンキース対デビルレイズ戦見てきました。とにかく守備が凄い。判断が早い、的確。足が速い。守備範囲が広い
松井、守備うまくなっているね。とにかく球への執着心や絶対にあきらめない姿勢がすばらしい。
しかし投手は変化球だらけですな。途中だれましたね。

3月28日
中日と1対1で引き分け。投手陣が意外に崩れなくなってきている。役割分担がはっきりしてきて投げやすくなっているのかも。
またしても最終回に追いつく。オープン戦11位だが内容は意外とまともだ。地道な努力しか今はない。今年も応援するぞ!

3月27日
佐々木開幕微妙。まあ影響ないでしょう。後ろは人数いるから。問題は先発が何回もつかだ。
大体抑えまで行くかどうか微妙なのだから影響ないって。(笑)

3月25日
この時期に最終回逆転、最終回追いつくといった試合を奴たちがやっている!
そろそろ、へたれページも消滅します。
今度は今日のMVPページを作ってみたい。なんだか希望とヤル気が出てきたぜ!がんばれベイスターズわがチーム!!

3月24日
佐々木凱旋登板8球で先発マウンド締める。
最終回に追いつく試合展開で戦えるとはこの時期とてもよい兆しだ!もしかしてもしかして・・・・・・・・・・優勝?

3月23日
まったくよいことがなかったべイスターズだが斉藤隆、復帰好投・・・・ウォーカーMAX140KMながら抑える。少々予想変更
エース三浦大輔 13勝 斉藤隆11勝 吉見4勝 門倉5勝(期待はずれもいいところ)ウォーカー7勝、吉川8勝 これで48勝
中継ぎ 川村5勝、田崎3勝、加藤6勝、木塚3勝、谷口2勝・・・19勝
セットアッパー デニー3勝、ギャラード3勝・・・・・6勝
抑え 佐々木 2勝29S・・・・・・・・・これで75勝こりゃ甘すぎるな。ローテーション完全破綻にはならなさそうだ。

3月8日
三浦好投。ベイスターズ大勝。しかしオープン戦つよければ本番ダメが例年のしきたり。この時期特に意味がなし。
ただ中堅クラスがチャンスを掴もうと頑張っているのは間違いない。ということは監督の度量の問題が大きいなあ・・・・・

3月4日
長嶋がんばれ!

3月1日
吉見めった打ち。毎日出てくるだめ男。しかし久しぶりに明るい話題、古木大爆発、吉川好投。
新外人ウォーカーはつかえるのかなあ?

2月28日
多村、ポスター撮影で右足首捻挫。秦めった打ち

2月25日
先発、斉藤隆8勝、三浦13勝、門倉8勝、マレン8勝、若田部7勝、吉見5勝、秦2勝・・・・これで51勝
中継ぎ、川村4勝、田崎3勝、加藤5勝,木塚2勝・・・・・これで65勝(穴埋め先発含む)
セットアッパー、デニー3勝、ギャラード2勝・・・これで70勝
抑え 佐々木1勝35s
ただし斉藤隆は5勝どまりかな、とすると若手が穴埋めなければ5割厳しい。
吉村、村田が古木覆い隠す。ただし、多村が働くかどうか?
中堅の爆発の有無がチームの行方を決めるのは、間違いない 。

2月19日
マレン好投。手元で球が七色の変化をするらしい。8勝はするな。斉藤隆12勝、三浦13勝、川村9勝、若田部7勝、門倉8勝、吉見5勝、田崎、3勝
秦2勝、デニー2勝、木塚2勝こんな感じかな。給料どおり働けば優勝もある。(大笑い・・・無茶だ)

2月18日
吉見あいかわらず、門倉請求乱す。佐々木までつなげなければ、佐々木が楽して稼いでしまう。13億汗かかかずにもらえるか。

2月15日
ギャラ−ド、ゴルフ楽しむ。新外国人左腕投手マレンに負ける。 先発は、斉藤隆、三浦大輔、マレン、門倉、若田部、川村に吉見がどこまで復活するか、
中継ぎ第一陣、田崎、山田、後藤、東 第二陣、デニー、木塚 そしてギャラード、締めは佐々木。先発陣が必ず5回は押さえできれば6回まで行ければ
必ずいい勝負は出来そう。中継ぎ第1陣の踏ん張り次第ではAクラスもありえる。しかし平均年齢の高い投手陣だな。

2月14日
ギャラード、佐々木の勝利の方程式完成!その前に投げるはデニー、木塚。ちょっと待て優勝してしまうぞ。
古木、フォーム改造がうまくいっているみたいだ。監督休養後独走か?

1月31日
佐々木が帰ってくる。

1月22日
早ければ2月上旬には決まるようだ。佐々木の代理人が素晴らしい働きをしているようだ。入来のボケ弁護士とは相当違いがある。
代理人は大体依頼人の依頼を最もよい形で実現することに意義があるのにね。
体がもとに戻れば威圧感はあるだろうな。しかし巨人のちょっかいが気になる。

1月20日
忙しくて眠いです。佐々木帰ってきて。お願いします大魔神。

1月6日
自主トレ情報その一・・・・金城が横須賀で自主トレ開始するも他の選手は小池、河野のみ。金城はキャッチボールもできなかったそうだ。
その2・・・・・・・・・・・・・・・・石井琢と古木、内川が静岡で合同自主トレ
その3・・・・・・・・・・・・・・・・川村と加藤が厚木で始動。
その4・・・・・・・・・・・・・・・・相川が調布で始動。
ヤル気あるのは彼らだけか・・・・・・・・・・・・2年連続最下位の翌年、若手は大チャンスだろう????

2004年1月4日
さあ新しい年がやってきたきっといい骨休めも終わり選手達も始動し始めるでしょう。
選手同士でのミニキャンプをさかんに行うような話を風の便りに聞きましたがどうでしょう。

12月24日
ベイスターズ年内行事すべて終了の模様。来年は選手を公平に扱おう。ポジションは実力でもぎ取る。これがすべて。ちなみに来年の作戦は福田コーチが
やるらしい。ヘッドコーチの権限も強いらしい。補強資金があと7000万円しかないそうな。あとは知恵とヤル気のみ。ベテランと中堅、若手で競り合えば今年みたい
な最低のことはやらないだろう。同じ負けるにしても、負け方がある!

12月18日
フロント粛清。再来年については明るい展望がひろがってきた。責任はキチンととる、とらせるこれができればヤル気もでる。来年は5億円の赤字見込みらしい。
横浜になってからは黒字経営を続けていたはず。いかにFA複数年が無意味かが良くわかる。選手がずっと居たいチームにすることが絶対必要。
毎年優勝しろなどとは言いません。みっともない試合をしないこと。5ないし6年に一回は優勝もしくは優勝争いをはげしくやって欲しい。複数年契約は原則しない。
逆に20代の若手にしっかりとした契約をしヤル気を引き出して欲しい。ちなみにムーアはとらないそうな。吉見がいるぞ。去年を思い出せ吉見!

12月16日
背番号変更 多村6番、相川8番、種田3番・・・・・この三人が来年の期待ですな。種田はみんなの人気もの。ガニマタ、ガニマタ。

12月15日
予想通り。これでムーア日本ハムにいったら笑える。お金でよその選手とるより、自前の選手を育てましょう。チームへの愛着もそのほうが湧くしね。

12月14日
山下監督が電話をした。留守電に切り替わってしまったそうな。相手は下柳。露骨な態度ですな・・・・・・・・・・・明日の発表は聞く必要なしね。
年棒交渉の材料にされているだけだったね。

12月10日
相川選手、年棒下げて出来高を増やす契約を自ら提案。契約更改おおもめ。最下位とは言え複数年契約選手の年棒が出ていないにもかかわらず現状維持
もしくはUP(若田部なんと4200万円UP)単年度契約選手不満大爆発寸前(あたりまえ)去年のFAで斉藤隆は正直いらないという意見は多かった。
まあ昨年オフの契約がいい加減だったつけがまわってきているのね

12月8日
鈴木尚典自ら進んで選手会長就任。やる気出したか?多村、両眼レーザー視力矯正手術完了。ヘントウ腺も手術してしまうみたいだ。外野手はやる気出している。
来年はレフト鈴木、センター金城、ライト多村、これに食いつけるか古木、田中一徳、小池、佐伯。ポジション争いは熱い。

12月7日
コックス解雇をめぐりアメリカで裁判を起こすそうな。相手は松井の代理人アーン・テレム氏。貧すれば鈍すると言う話題ということで。あまり笑いを取らないように!
横浜市長、マリノスの優勝で感動して、みなとみらいにマリノスタウンをつくるそうな。ちなみに横浜市はかなりの財政危機状態。やっぱり所詮この人も・・・・無能。
OB会が監督を支持して団結するそうな。ちょっとまておまえ達!強かったのかおまえ達の時は?土井監督時代はさーて何位だったのかなあ?

12月6日
内川年棒アップ。来年はこの男にかかっている。足は速く守備は球に追いつくのだが送球が・・・・・。ゲッツーが取れない。練習あるのみ。
しかし富岡の年棒闘争について真相がわかったら、来年応援したくなってきた。いい奴だね。一皮剥けそうな予感!
吉見選手は結婚するそうな。来年8勝8敗ぐらいだねきっと。
がんばれベイスターズ。俺は死ぬまでファンだ。

12月2日
小宮山投手、ロッテ復帰決定。今オフの動きを見てるとパ・リーグの熱心な補強が目を見張る。(働くかどうかは別として)少なくとも活性化させる意志の強さ
について少し考えるべきなのであろう。駒田選手を獲得したときの大胆さが今求められる。吉川選手入団決定。思いきった熱い投球をみせてくれ。

12月1日
寒い・・・しかしなんとか風邪薬まみれ生活からはそろそろ脱出だ。というのはおいて、王監督が初めて一本足打法で打ったホームランの時の投手で
横浜ベイスターズ スカウトの稲川さんが退職された。現役時代は入団最初の3年間で60勝もした大投手です。(2年目はなんと27勝)大洋、横浜一筋
で長い時間を過ごされました稲川スカウトにお疲れ様でしたと言いたいです。


左から横浜スタジアム、セカンドベース、人工芝、            佐伯選手             古木選手 吉見選手

11月29日
阪神を解雇されたムーアを獲得めざすそうな。ホルトと比べてどうだろうかと言う感覚かな。ローテーション3番手ぐらいいければ合格かな。
それよりもチャンスに強い代打としての起用のほうがよいかも。(古木、村田が代打ででてくるよるよりもはるかに期待できそうだ。
ところで、前の編成担当は責任とるのかな?なんだか球団社長疲れきったコメント目立つ。いかに昨年のオフの契約更改と編成がいきなり目の前
におかれたお金に浮かれきってしまったかがわかる。TBSじゃなくてあのままニッポン放送が買っていたら違う結果になったのだろうな、と思う今日この頃
前回の優勝は自前で選手を育てたことによる結果であると私は思います。公平な競争のなかで若手がポジションを獲得するほうが重要だろうと思う。
作られたレギュラーポジションはいらない。充分に競争する素地はあるはずなのだから恐れず競争させるべきだ。そこでむくれる奴はパ・リーグへ放出
新たな血の入れ替えをすべきだ。ひとつのエラーを恐れずにミスは自分で取り戻させるチャンスも必要。来年の5月まででキチンとした方向性を現場が
みいだせなければその場で監督はクビで充分。コックスの違約金払う根性あれば現監督への違約金などその後の上昇気流で興行収入でおつりがくるはずだ。

11月26日
小川選手正式残留決定(なんだか気の毒)元ベイスターズ波留選手4000万円で更改なんと43%ダウンだそうだ。

11月25日
寒いね。下柳はメジャーだそうだ。で竹下どうして阪神へ金銭トレードなんだ?金がないなら監督の給料出来高制にしろと言いたい。
新人牛田 打倒早慶宣言 ついでと言っては何だが監督もKOしてくれ!なにが「See you next year」だ。俺はあなただけには会いたくない。
粛清トレードやろうと思っても売れない星達・・・・・・・・なんだかこれはこれで情けない。

11月24日
村田選手、漢字読めません。大野ぐらいよめよ!小学校1年生みたいだった。去年と違って盛り上がらない感謝デーだった。1番人気はブラック・ホッシー
だった。一番人の輪ができてました。2ショット写真は古木大人気。個人的には、ジョン・ターニートレーニング・コーチのトークショーがもっとも楽しめました。
何と彼は、デニー、ロドリゲス、ジョー古河、ゴメス、等々に間違われたそうです。背番号当てクイズあり(私は古い人しかわからなかった。)その挙句に
司会の栗原さんが元ベイスターズ名幸審判にその場で電話をしてました。「今、ベイスターズのファン感謝デーに来ているのですが、名幸さんは何してますか?」
名幸審判「ジャイアンツのファン感謝デーにいるよ。」と返事。栗原「えー、ベイスターズの方にも来て下さいよ」名幸「仕事だ!」といった会話になり大受け。
私はジョン・ターニーコーチのファンになってしまいました。きっとその場にいた人達もそうだと思います。佐伯選手はチャリティー・オークションでずっとがんばっていた
みたいです。スコア・ボードにはサイン会の模様が映りそこではデニー選手がうれしそうにサインをしていました。こういう時に活躍される人をもっと応援したくなる
のが人情というものでしょう。古木は相変わらずの人気。いやな顔ひとつせずサインにも気楽に応じていました。来年も同じ形でファン感謝デーがあれば今年
行かなかった人も一度いってみてください。グラウンドに降りていける感謝デー、選手が身近にあるいている感謝デー、とてもいいものです。

左より石井琢選手、古木選手 ジョン・ターニーコーチ、後藤投手&謎の物体
11月22日
あしたはファン感謝デーだ。楽しみです。写真とったらアップします。ドミンゴ・グスマン投手解雇。本人よりも彼の調子の良いときの力強さを引き出せない
首脳陣の責任は・・・・・・コーチ変わったのだった。他球団が獲得するかもね。セ・リーグのチームがとることは100%ないと思うが(あの打撃では・・)

11月20日
ところで若田部は来年なげるのであろうか?だけど森は来年ダメそうみたいですね。ということで優勝はやはり再来年だ。

11月19日
ムレンじゃなかったのね。3歳まで沖縄で生まれ沖縄で育った投手だそうだ。本人が日本に来たかったらしい。ドラフトも、吉川、森、牛田の3投手
プラス明治大学の内野手呉本獲得。メチャクチャ層あつくなったなあ。しかし今日のヘーヘーヘーは古木の話題だったが、あれってファンは結構
しっている話題だと思うが・・・・・・・・あ、ベイスターズファンが少ないだけということね。参った。ところで下柳にもて遊ばれているみたいだが・・・・・

11月18日
ウッズ残留、コックス解雇、ムレン獲得目指す。ひたすら投手強化。プラン通り行けば意外と行きそうだ。反省はあったみたいですね。しかし竹下の
金銭トレードは意外だった。球種をあとひとつ覚えればそこそこいけそうな感じだったがなにかしらあるのでしょう裏で・・・・・・・・・・・・
23日はベイスターズファン感謝デイです。みんなで行きましょう。去年の感謝デーは最高に楽しかったです。

11月7日
下柳!下柳?下柳?・?・・・・・・・・・・・・・・・・・?

11月2日
横浜、沖縄キャンプ第2クール突入!

11月1日
小川選手オリックスへ戻ったはずが新体制に受け入れ拒否くらい宙に浮いているらしい。さすがのベイスターズフロントも怒りまくっているらしい。
いやあ日本一弱いのはオリックスだね!!

10月31日
日本文理大の吉川投手獲得。何だか若手投手そろいそうだなあ。三菱ふそう森投手11月5日発表。ドラフト自由枠外最初の指名は明治の牛田。
秦がんばんないと居場所なくなりそう。シーレックスの連中スピード落ちてるよね。体細すぎ。土居投手や堤内投手が落ち着けば中継ぎまで
ローテーションが組める。山田投手のひじのクリーニングがいい方向で花咲けば面白い。ギャラード劇場が無ければ来年ひょっとしたりして!!!!!!

10月30日
佐伯、種田FA宣言せず。どこもFAの保証金払ってまで採ろうはしないと言うことなのでしょう。これで来年も種田を応援できるぞ!さあガニマタ!

10月26日
新庄獲得断念。そりゃそうだ。3割打つならともかく・・・・・意味がない。ウッズも交渉決裂模様・・・・・どこがひっぱるのかなあ?現実問題、
球が飛ぶから取れたタイトルにすぎないし、チャンスは打たない、そのうえ守備はど下手(外野守らせると半径50CM)いらない。
パリーグでDHがよいのでは・・・・・。

10月25日
秋季キャンプメンバー発表。若田部、山田、富岡、竹下、福本、七野、田中充、小池なんかが外れている。この辺がトレード対象なのかな

10月20日
ベイスターズ秋季キャンプが始まっている。西岡、進藤両コーチも参加している。今がチャンスだ真空とび膝蹴り!

10月18日
2004年度新首脳陣発表。巨人より西岡コーチ加わる。そのため青山コーチ2軍降格。しかしこのコーチ陣はあきらかに再来年に向けてのものという感じだ。
走塁ミスは確実にへるだろうし、守備面でのプラス面もあるに違いない。(と、思いたい)がんばれベイスターズ!とりあえず5位だ!

10月16日
阪神、星野監督勇退。GM就任。一方ベイスターズ、監督は、オーナーが責任感じてるのかと軽くジョブを出している事も気がつかず。
実はオーナーは辞表を監督が持ってくるのを期待していたのだろうなあ。まあ監督は究極の鈍感だからそりゃ無理だ。
新庄に5億円と某新聞が出していたがさあどうなのかな?しかしこれじゃ来年も今年と変わらないどころか来年こそ100敗かもね。

10月15日
斉藤隆手術決定。まあ7月まで出てこないということトレードは無しということね。しかし新庄をドラマ出演でつりあげようとする根性がよくない。大体
2割5分のバッターとってどうするの?外野手あまりまくり。そのうえ古田がFA宣言したら手を出すらしい。はあ、反省なきところに進歩なし。ダメダ。

10月14日
横山投手、日本ハムへトレード。野中内野手(20)と交換。ドラフトで相当投手が取れる見込みなのでしょう。森投手と日本文理大のエースが2人とも
自由枠でとれる様子。本格的に改造する気があってよいのかも。横山投手は環境がかわって札幌に行く。もしかするとバケルカモ。中嶋捕手も日ハム
へ金銭トレード。

10月10日(元体育の日)
中野渡解雇。みんな使い捨て。プロだから仕方ないのだが他に責任を真っ先に取らなくてはいけない人がいるのにね!「選手は悪くない。
責任は私にある。」何度もこのセリフを聞いたのだがいつ責任とるの?2軍コーチ正式発表。高木由一育成コーチになるのね。

10月9日
最終戦敗れる。加藤好投後、秦、福盛、でつなぎ最終回デニーへ。今日は友利だった。一死もとれず逆転されその上満塁そして何故か
富岡登板。センターへ打球が・・・・落ちたかポテンカ・・・・そこへ金城駆け込む。見事にキャッチ。大ファインプレー。そしてセカンドへ送球
これでツーアウト。そのうえ三塁ランナー戻れずサードもアウト。一瞬のうちにトリプルプレー完成。逆転されたのも忘れスタンド大盛り上がり。
気分最高負けても悔しくないそのぐらいの素晴らしいプレーでした。
 中根選手引退。初回3番ライトで先発。1回の裏最後の打席外野フライで終わる。試合終了後もずっと中根コールが球場中を包み込みました。
広島の応援団も中根コールに加わり球場中が野球の輪でつながったかのようでした。中根選手の気合と心意気をみんな見習ってほしいものだ。
しかし栄光の98年優勝組も残り少なくなっていく。しかし老け込むにはまだ早い。

10月8日
福盛トレード?これぞ使い捨て。福盛、矢野と近鉄門倉、宇高両投手が交換トレードらしい。門倉が働けば・・・・・・。しかし福盛、酷使の上トレード
疑問は采配だけではなかった。森中、近鉄入り。戦略もなにもあったものではない感じだ。門倉10勝がノルマかな。

10月7日
今日も負けました。斉藤メッタ打ち。新沼もしかして初の一軍かな。大器ようやく目覚めるといったところかな。正捕手争いは来年楽しみだ。小田嶋、
相川、新沼、鶴岡。中村選手の後継者はだれか?ちなみに横浜の得点は尚典のラビットホームラン・・・・・・何やってんだか。

10月6日
中根選手正式引退発表。とうとうくるべきものが来てしまった。足のケガさえなければ・・・・・・。やはり人工芝は野球場にはむかないのでは?
ヤンキースの松井がメジャーに行って一番感動したのは自然芝であることだ、みたいな話をしていたが選手のことを考えればこの話を球団や
球場側はもっと深く考えるべきだろう。しかし今年の中根選手にはでてきても今まで見たいな何とかしてくれるだろうみたいな感じはなかった。
声援は佐伯選手の次に多いような気がしていた。(女性ファンがおおいのかな?)98年のV選手がまた一人消えていく(進藤も引退)
ありがとう中根選手そして進藤選手。これを書いていると古木22号。がんばれベイスターズ!再来年は優勝だ!

10月5日
古木21号、ウッズ40号加藤ko.

10月4日
吉村初ホームラン。昨年の古木のようだ。来週ハマスタいくぜ!最終戦はいけるかなあ?しかし帳尻あわせの目立つ選手達だ。ベテラン粛清(斉藤隆、
石井、鈴木尚、若田部、三浦大輔、佐伯)らしいが・・・・・既に佐伯は中日にトレードらしい(ギャラードの恩返し?)その前に監督をトレードしてくれ!
と思っていたら戦力外通告ネタ。 森中、杉本両投手 中嶋捕手、中根外野手の4名。杉本と中嶋はあたりまえだ。中根選手は引退かなあ?引退なら
引退試合ぐらいやってほしい。森中解雇はちょっとびっくり。その前に河原、富岡をきれよ!肝心な場面ではどうせ四球なのだから。

10月3日
吉村一軍デビュー。古木、村田あやうし!というか普通なら今シーズン末粛清トレードだろうからベテラン内、外野手は青いのかもしれない。しかしウッズはプレッシャーに弱い。打点少ないし今までのベイスターズなら首だろうな。それでも首にできないのは他の選手がひどすぎたからなのであろうか?

10月2日
2004年度シーズンに向けて新首脳陣決定の模様。まあ、シーズン途中で松原誠ヘッドコーチ監督代行その後昇格2005年シーズン低迷脱出の青写真出来上がるということですね。壊れた信号機青山コーチ残留。投手コーチ森繁和、遠藤和彦、ヘッドコーチ(前湘南監督)日野茂氏、江藤省三(この人何しに来ていたの?)退団。日野さん以外は退団当たり前ですね。高木由一は責任取らされたみたいですね。うれしいのかうれしくないのか進藤オリックスより復帰。だけど現役じゃないのね33歳でコーチかよ。内川専属かな?
                               

新首脳陣
                     

  監督               山下 大輔
ヘッドコーチ兼打撃コーチ       松原  誠
総合コーチ                小谷 正勝

打撃コーチ                田代 富雄
投手コーチ                野村 弘樹
バッテリーコーチ             福田 功
守備走塁コーチ             進藤 達哉

                  青山 道雄
2軍(シーレックス)
監督               岩井隆之
打撃コーチ             辻 発彦
 投手コーチ             堀井 恒雄
                    岡本  透
守備走塁              銚子 利夫 

まあこれで全部じゃないだろうし進藤は要請ということみたいだ。字が小さいのはまあ私の個人的気持ちということで。監督は名前要らないか