F1スピード野球小僧 バッティング・フォームの基礎。用語と基本的な形の紹介です。とにかく打撃は基礎が大事。
トップページへ戻る
コンテンツ
スウィングと種類
フォームの基礎
スタンス(立ち方)
バントの種類
セーフィティ・バント
犠牲バント
ドラッグバンド
バスター
プッシュ・バント
スクイズ
バッティング練習
トスバッティング
フリーバッティング
素振り
シートバッティング
球種によるバッティング
速球、落ちる球
カーブ・シュート系
状況によるバッティング
ランナーがいる
様々なケース
ヒット・エンド・ラン
バント・エンド・ラン
流し打ち
ファウルを打つ
掲示板
変化球の投げ方
バッティング・フォームの基礎
打撃の上達はいかに自分にあったフォームを完成させるかにある。まずは基礎を知ろう!
バットは立てて構えよう
 構えたときにバットをどの様にするのかはいろんな意見があると思います。こちらのホームページでは立てて構える事をお薦めします。何故か?一番自然だからです。また打撃は必ず生きた球を相手にするということがあります。どの様に対応するかはやはり自然な立ち方をすることが一番なのではないかと思うからです。また全ての動きの前には最初の立ち位置がしっかり決まることが重要です。自然な位置でバットを立てて構えましょう。軽く斜めにするのは問題はありませんが寝かせるのは反応速度が落ちるので止めましょう。
バットを握る力
 あまり強く握り締めてはいけません。よく言われるのがぬれたタオルを握る感覚でというのがあります。人差し指と親指の力は速球はある程度強く、変化球は軽くという感じです。また手の平の力も親指と同じような感じで力を入れます。握りの強さはこれらの部分で調整します。他の指はキチンと握るようにしましょう。
スタンスの幅
 
グリップの位置
テークバック
インパクト
フォロー・スルー